資金が少ないんだけど、大丈夫だろうか・・・

そんな気持ちになってしまうことがありますよね。

ただ安心してください。

Amazonを活用した輸入ビジネスや物販ビジネスでは、
資金は多ければ多いほど確かに有利ですが、
少ない資金からも問題なくスタートできます。

出来れば10万円、最低3万円の資金があれば、
スタートすることは可能です。

仮に10万円の資金だとしたら、
この10万円を使って仕入れを行い、
商品を販売して、

手取りの金額を12万円に、
次はその12万円を15万円に、
その次はその15万円を20万円に、
と、雪だるま式に資金を増やしていきます。

それと同時並行して、他で稼いだお金を資金として注入していくと、
その雪だるまの大きさが加速します。

始めの資金が3万円以下だと、色々と仕入れることが出来ず、
送料が割高になってしまうので、
最初の資金は最低3万円は用意した方がよいです。

また、資金が多ければ多いほど良いというものでもありません。

はじめは良い商品を見つけるためのリサーチ力がないのが普通です。

手持ち資金が多いのがアダとなり、良くない仕入れをやり過ぎて、
資金を目減りさせてしまうケースもあります。

手持ち資金の少なさは努力と時間で解決することが出来ます。

実際、インポートエース塾の塾生さんにも、
始めの資金3万円から、月商数十万規模まで、
輸入事業を育て中の人もいます。

手持ち資金が少なくても恐れることはありません。

一番大事なのは、
取り組みたいというあなたの気持ちと、それからの行動です。

焦らずに長い目で、取り組んでいきましょう。

■最短90日間で月商100万円稼ぐ5つのステップ
↓↓メルマガ登録はこちらから↓↓
http://www.imp-ace.com/mailmagazine/

192911