こんにちは!達生です。

さて、モノやサービスを販売する上で、
『罪悪感』ってありませんか?

セールスしたら嫌われるかな・・・

そもそも自分の扱っている商品って
いいものなのかな・・・

そんな風に思うと、
モノもサービスも販売する際に
躊躇してしまいますし、
結果売れませんwww

何を隠そう、私も昔、
商品を販売することに罪悪感を
持っていたときがありました。

この罪悪感は色々な要素が
絡み合っていることが多く、
中々奥の深い問題です。

この問題を抱えている人って
実はすごく多くて、
自分が一所懸命作った商品や
サービスすら、
販売するのに躊躇する、
という人も多々います。

この複雑に絡んだ
罪悪感を解きほぐし、
自分としてもスッキリして
商品を販売するためには、

いくつかのステップを
ふんでいく必要がありますが、
今日は少しセールスの際に、

『気の楽になる話』

をさせて頂ければと思います。

商品を売る際に、

「無理やり売りつけるみたいで
気が引けて・・・」

というセールスそのものに
対する罪悪感を持ってしまう
パターンがあります。

私が会社員時代に営業を
しているときに、
もっていた罪悪感が
まさにコレです(笑)

これの原因は一言で言ってしまうと、

『お客さんの話を全く聞いてないから』

これに尽きます。

あなたが商品なりサービスを
買うときってどういう気持ちで
しょうか?

嫌々買っていますか?

むしろ楽しい気分で
お買い物していませんか?

私も欲しかったモノが
ゲットできたときは、
楽しい気持ちで買っています。

そう、人はモノやサービスを
買うとき、嫌々買っている、
なんてことはそうそう
ないのです。

お客さんの話を良く聴けば、
お客さんがお客さんの未来に、
どんな希望を持っているか、
良く分かります。

その望む未来に役立つ
商品なりサービスを勧めれば
よいのです。

それが自分の扱っている
商品であれば、それを
勧めれば良いし、

違ったら、そのお客さんに役立つ
他の人の商品を教えて
あげれば良い。

「無理やり売りつけるみたいで
気が引けて・・・」

と思う必要はないので、
安心してください。

なぜならあなたも私も、
相手が絶対欲しく無い、
と思ってるものを
「買わせる」ほどの力量は
ありません(笑)

セールスは
相手の素敵な未来に対する

1つの提案です。

仮に、ある男の子に好きな女の子が
いるとして、

その女の子は彼氏がほしい、
と思っていたとします。

罪悪感があるから、
デートに誘えない、
なんて男の子がいたら
どう思いますか?(笑)

自信を持って遊びに誘え!
ですよね。

釣り合わない、なんて思うなら、
努力して釣り合う男になれば
良いのですし、
そう勝手に自分で思い込んでいる
ケースも多いですwww

それでデートに行けるときもあれば、
振られるときは振られます(^^;)

気軽に相手に『提案』してみましょう。

断られたら、その相手にあった
別の提案をしてもいいのですし、

他の人に提案してもいいわけです。

商品にせよ、販売にせよ、
その提案の積み重ねの数が
大きな成果に繋がっていきますよ。

それではいつも
ありがとうございます&感謝です。

あなたも引き続き、素敵な1日を(^^)

大上達生

■最短90日間で月商100万円稼ぐ5つのステップ
↓↓メルマガ登録はこちらから↓↓
http://www.imp-ace.com/mailmagazine/

043473