いきなり商品100個の仕入れ。
1個3万円以上の商品の買付け。

ものすごいセンスの良い人なら、いきなり上記のような
やり方をやって上手くいくこともありますが、
普通は段階を追ってやっていった方がよいです。

輸入の場合は、

できれば1個あたり高くても10,000円まで。
商品も1商品あたり多くても3品まで。

まずはこれぐらいにしておいた方がいいです。

初期段階では、
輸入の一連の作業に慣れていくことが大事で、
大きく利益を取りに行こうとすると火傷することが
あります。

実際僕は、輸入を始めたばかりのころ、
1つの商品で一気に200個以上仕入れて、
痛い目をみました。

大きく火傷を負ってしまうと、
ダメージがでかいです。

人によってはそれで嫌になって
辞めてしまう人もいます。

輸入ビジネスのに慣れてきて、
安く卸してくれる業者さんを見つけたら、
大量の仕入れをして、1個あたりの商品の
値段を下げていくのはありですが、
勘所がつかめるまで、1つの商品で
大量に仕入れることはリスクがつきまといます。

そして扱う商品は「軽い」「壊れにくい」モノから。

昔から言われていることですが、
これは鉄則です。

大きくて壊れやすい商品はみんな扱いたがらない
ので、逆に大きく利益のとれるチャンスがありますが、
慣れてくるまでは、大きな失敗を避けて、
回数をこなして経験を積むことを重視した方が良いです。

以前、やらない方がよい、と言っていたにも
関わらず、いきなり20万円以上の商品を
買ってしまった人がいたのですが、
結局その商品がなかなか売れず、
値段も大幅にさがって大損を出したことがあります。

ある程度、経験を積んでなれてきたら、
大量に仕入れて値段を下げたり、
高単価商品をあつかったり、

また重くて壊れやすいような商品を扱っていっても
よいですが、初期段階ではまずは輸入ビジネスに
慣れる、というところに主眼を置くのがベストです。

短期的に続かない商売をやるより、
長期的な視野で続く商売をやることを
心掛けていきましょう。

それではいつもありがとうございます&感謝です。

あなたも引き続き、素敵な1日を(^^)

大上達生

■最短90日間で月商100万円稼ぐ5つのステップ
↓↓メルマガ登録はこちらから↓↓
http://www.imp-ace.com/mailmagazine/

340589