先日アマゾンさんから下記のようなメールが
配布されました。

===

2016年8月15日(月)より、
Amazon.co.jpでは納品不備受領作業手数料の運用を開始いたします。

Amazon.co.jpへ納品される商品で納品在庫要件を
満たしていない商品が含まれている場合、
納品不備受領作業として商品ごとに手数料を請求する運びとなりました。

===

色々な受け取り方があると思いますが、
僕はこれはいいんじゃないかなー、と思います。

僕自身、納品時に「納品条件を満たしていない」旨の連絡を
何度かもらったことはあるのですが、なんだか現場担当の人に
申し訳ないなー、という気持ちになっていたこともあったり、

納品不備で、返送されてきてしまったときは、
返送送料のお金で納品作業してもらえるとありがたいなー、
なんて思っていたので、

適正な料金で運用していただくことで、
ユーザビリティ―があたることについては、
とても良いと感じています。

払いたくない、という人も当然いるように思いますが、
であれば、丁寧に納品すればいいわけで。

あなたはどう考えますか^^?

それではいつもありがとうございます&感謝です。

引き続き、素敵な1日を(^^)

達生

 

■最短90日間で月商100万円稼ぐ5つのステップ
↓↓メルマガ登録はこちらから↓↓
http://www.imp-ace.com/mailmagazine/

411426