輸入ビジネスを始めて

海外のアマゾンから仕入れて、日本のアマゾンで販売していくことで、

ある程度、売上と利益が取れるようになった。

そうすると、一旦は、

売上も利益も壁にあたるタイミングが出てきます。

それはなぜかというと、

一人でやれる作業量の限界があるからです。

そのレベルまで来たときに、その壁を打破するには、

単純に外注化して作業量を増やすか、もしくは、

ビジネスを「独自化」して「高単価化」していくこと

が必要になってきます。

外注化をするのであれば、

知人や、アットソーホーやクラウドワークスといった

サイトで仕事を請け負ってくれる人を探すことが出来ます。

ただ、外注化すると、管理の手間も増えるので、

多くの資金を持っている方以外はあまり外注化はおススメしません。

それよりは「独自化」して「高単価化」する方が、

無理なく事業を伸ばしていくことが出来ます。

「独自化」して「高単価化」するにはいくつかの方法がありますが、

その内の一つが、

「特殊な仕入れ先を見つけていく」

という方法になります。

転売は言ってみれば、

みんなが扱っている商品を模倣するところから、

商売を始めていきます。

上手くいっている商品を真似するわけですから、

失敗も少ないですが、

その分、利益の幅も限られていますし、

ある一定量までくると、やがて頭打ちになってきます。

そんな中、みんなが中々真似できない、

独自の仕入れ先やルートを開拓すればどうなるでしょうか。

他にない商品を出せれば、販売を独占できますし、

他の出品者や業者より安く仕入れられれば、

同じ価格で売っても、とれる利益の幅が変わってきます。

アマゾンを活用する欧米からの輸入ビジネスで言えば、

仕入先の対象をeBayや海外ネットショップ、

卸業者さんなどに広げていくことです。

僕自身も、この特別な仕入れ先を開拓することで、

利益を大きく伸ばしました。

輸入転売である程度利益が出せるようになってきたら、

「独自化」して「高単価化」するための、

次の展開も合わせて考えていくことが必要です。

他にも独自化の方法はいくつかあるので

それはまた別の機会に!!

いつもありがとうございます&感謝です☆

■最短90日間で月商100万円稼ぐ5つのステップ
↓↓メルマガ登録はこちらから↓↓
http://www.imp-ace.com/mailmagazine/

140615